ロングバケーションを貰ったけどやることがない中堅社員

実は1年中休みと言っても過言ではありません。

Author: urie (page 2 of 2)

投票率が高い国の人々はお金の使いみちに敏感だった

参院選が近いですね。
選挙が近いと不安なのが投票率の低下です。
対策自体はいろいろあります。
宣伝するとか、投票所を増やすとかです。
ただ、イマイチピンと来ません。
ということで、逆に投票率が高い国はどうなっているかから考えてみました。
先日、スウェーデン語の講師の話を聞く機会があり、その中でスウェーデンにおける政治参加についても触れられていました。
スウェーデンの投票率はほぼ8?9割だそうです。
めちゃくちゃ高いですよね。
講師の方によると、スウェーデン人は自分の払った税金がどのように使われているかに強い関心があるそうです。
税金が高いこともその一因です。
もちろん、投票により意思を示します。
この点は目からうろこでした。
日本人の場合、税金が高いだの保険料が高いだの文句は言いますが、それで終わりです。
何に使われているのか、それが効果を出しているのか、そういうところは無頓着です。
そしてイヤイヤ言いながらも納税します。
この差は大きいと感じました。
そして恥ずかしいとすら思いました。
私も早速財務省のウェブページにいって予算を見てみました。
が、どう読んでいいかわからず苦戦しています。
まずはできるところからはじめようと思います。

血液サラサラで、ダイエットも順調になる

最近若い女性で、血液がドロドロしている人が増えています。
原因は果物やごはん、お菓子、パンなど糖質が多い食事を続けているからです。
コンビニで気楽に済ます人が増えているのではないでしょうか。
中性脂肪は、バターや油をたくさんとって増えると思っていませんか?実は、果物、砂糖、炭水化物で増えます。
なので、このような食品を控えて、たんぱくしつであるお肉や卵、さかなプラスビタミン豊富な、野菜をしっかり取ることで体の中の血液がさらさらになります。
砂糖や炭水化物を摂りすぎる食生活は、活性酸素も溜まります。
体がさびついて、免疫力が弱くなり、体が冷えて基礎代謝が悪くなります。
ダイエットには、よくないですね。

血液の状態をさらさらにするだけで、同じように動いてもダイエットがスームーズになります。
お肌のしみやしわ、たるみも活性酸素が原因のひとつです。
活性酸素を摂るには、抗酸化力が強い食品をとります。
にんじん、ブロッコリー、小松菜、そして青魚やサーモンが抗酸化力が強いです。

水を飲んでも太るなんて

ダイエット中なので、極力食事は最低限に控えています。
トイレに行く度に、ものを食べるたびに体重をチェックし、ほんの少しでも痩せていると嬉しく感じるし、逆に太っていたら焦りを感じます。
先日まで、自分の体重を把握しておく勇気がなかった私が、体重のチェックをするようになるまでは、本当に勇気いりました。
しかし、このままでは太っていく一方と危機感を感じ、何とか今の体重を現実のものだと認識するようになりました。
とりあえずは、今まで欲求のままにお腹がすいたら何かを食べていた食生活を改善し、体重を見ながら食事をコントロールするようにしています。
しかし、そこで感じるのが、水を飲んでも太るという現実です。
正確に言えばお茶なんですが、暑いからお茶を大量に飲んでいると、それだけで体重が増えてしまいます。
これには驚きました。
間食さえやめれば数キロは簡単に痩せる事ができると思っていただけに、ショックです。
食事に気を遣うだけではブランド品の売り方までできないようです。
一度太った体重を元に戻そうとするのって想像以上に難しく、手こずっている毎日です。

最初の車

現在の愛車は日産の「ティーダラティオ」。
オールド世代の方には「サニー」といえばわかりやすいですかね。
かつてのファミリーカーの代名詞でもある「サニー」の後継車種です。
購入してからもうすぐ10年が経とうとしています。
この「ティーダラティオ」を含めてこれまで乗った車はすべて日産車です。
実家の周辺には日産の工場もあり、日産への馴染み深さでしょうか、日産車以外は買ったことがありません(あくまでも個人的な主観ですが、トヨタのほうがサービスが良かったり、ホンダのほうがいい車があったり、けれど、買うのはいつも日産でした)。
中でも思い出深いのは初めて買った「ラングレー」。
当時、一世を風靡していたスカイラインのジャパンモデルを小型化させた顔立ち・赤とシルバーのツートンカラー、そして何よりも30万円という価格(運転が下手な初心者にはこれで十分)に魅せられて購入しました。
当時はまだ、オートマチックよりもマニュアル車が多い時代。
そろそろフィットを売る時がきたようです。
このラングレーは購入時は4速ミッションでそこが少し気に入らないところ(5速のほうがよかったので)。
ただ、しばらく乗っているとミッション系の調子が悪く(ギアが入りにくい)、購入した販売店へ修理に出したところ、戻ってきた車はなんと5速ミッションに改造されているじゃありませんか。
思わずニンマリとしたものでした。
その後、しばらくのりつづけたものの、結局3年ほどのって次の来る前買い替えをしました。
当時、この「ラングレー」のイメージが強かったので次の車も兄弟車の「パルサー」、ミッション5速、これまた黒とシルバーのツートンカラー。
顔立ちは違うものの、似たような感じの車となりました。
この「ラングレラー」こそが私のカーライフの始まりです。

剃刀と毛抜き処理から家庭用脱毛器へ

これまで家庭用脱毛器を使うまでは昔から、T字剃刀か、毛抜きがほとんどだったのですが、だんだんと埋没が目立ってきて、もう、サロンで相談するしかない!医療しかない!と焦ったけど、何せお金が吹っ飛ぶ。
定期通いも困難。
ということで、調べに調べまくって、脱毛器(ケノン)にたどり着きました。
効果の具合は、腕はすごくつるつるになってきてます。
反対に剛毛なひざ下はまだまだです。
特に毛穴や埋没の黒い点々がなかなか消えません。
すでに7回は照射しています。
ただ、一回目の照射から全体を通してみるとかなり薄くなってます。
黒々してた埋没毛も少しずつですが減ってきてます!見た目的には薄くなってる!という感じです。
この7回照射のうち、間隔が1か月放置の時もありました。
それと、2回目に照射する時に、伸びてきた毛をシェーバーでしっかり脱毛するのか、しないのか、説明書読んでもネット調べてもはっきり分かりませんでした。
結局、普通に剃ってから翌日か、翌々日に照射してます。
大金を払ったのに何てアバウト!な使用です(汗)ただ、肌のダメージによる<照射の最低でも空ける日数>と<入浴、シャワー等の注意事項)>だけは守るようにしてます。
これからもケノンとのお付き合いはまだまだ続きます!。

大切な歯の矯正

海外ではシンガーや女優などのセレブだけでなく学生や社会人など一般の人たちも皆さんキラキラの綺麗な歯並びですが、日本は、まだまだ歯科矯正や歯科検診の重要性についての認識はとても遅れていると感じています。
テレビに出演してアップになったりするアナウンサーなどでも、歯並びがガタガタで見ているこちらが恥ずかしくなってしまう人もたくさん見かけます。
日本人は昔から歯の美しさに対する意識は確かに低かったようですが、そろそろもっと自分の歯を大切にする事を優先するべき時期に来ているのではないかなと痛感しています。
私自身も小さな頃から歯が弱くて虫歯だらけでしたので、今でも歯の健康をキープするのに本当に苦労しています。
せめて若い頃に歯列矯正をしっかりしていれば見た目だけでなく、虫歯を増やす事も無く健康な歯で年を取って行く事が出来たのにと後悔しきりです。
現在は歯科医療も随分進歩したようですし、一年に一度は歯の定期検診をしっかりと受けていくことを習慣づけるべきでしょう。
そうすれば次の世代の子供達が虫歯や酷い歯並びに悩む事無く生涯に渡って健康な歯を維持して行けると思うのです。

もともと節約派だったんですけど

もともとは、かなりの節約派でした。
というのも、お金に関していえば奨学金をずっともらっていたので、どうすればお金を使わずに済むかってことばかり考えていたんですよね。
学生の本分は勉強なので、とてもアルバイトできるような状況ではありませんでしたし。
今は学生じゃなくなりましたけど、それでもお金を使うのには抵抗があります。
そもそも、自分で稼いだお金じゃないのに、使えないよなって思うことの方が多いです。
だから、自分で使ってもいいと思えるお小遣いを生み出すことにしました。
具体的にはアルバイトを始めました。
社会人だから副業ってやつですかね。
いままで気にしていませんでしたが、多くの人の場合身銭を稼ぐために仕事をしているんだなってつくづく思ってしまいます。
社会のことを知ると面白いなって素直に思いますね。
だから、節約プラス今は稼ぐことを覚えてお金を上手く使いたいなって思っています。
自分自身でも価値観が大きく変わったなぁなんて思うばかりです。
人に喜んでもらえるようになるためには、まず自分が満たされないとなって感じですね。
普段はこんなこと思ったりしないんですけど、これからも節約には励みつつ、お金を積み上げていってみたいです。
探偵 費用

お金はあったほうがいい

お金は、無いよりあったほうがいい。
結婚する際、よく「愛かお金か」と選択があるが、両方あったほうが良いに決まっているが、実際はどうなのだろうか。
父は、お金がなければ苦労をするとよく言っていた。
若い頃の私は、愛があれば貧乏でもいい、くらいの気持ちでいたが、実際はお金が全く無く日々の生活が苦しいのは、精神的にもきつくなり、本当に愛だけでやっていけるのかといえば疑問である。
ただ、お金がありすぎて、心が貧しくなるのは嫌だ。
金持ちが貧乏人を下にみる心だ。
どん底から這い上がって、社長になったりして成功するのはとても立派で、素晴らしいと思うが、驕る心を持たないようにしてもらいたい。
私などは、一庶民であり、日々普通の生活をしている。
ギリギリの生活ではないが、平均であろう。
ゆえに、ストレスにならない程度の節約は必要になっている。
子供の教育費用や、老後の事を考えると頭が痛い。
食費のやりくりを日々考え、衣服費・外食費などは、ある程度抑え気味にしている。
徹底して節約はしていない。
ストレスに感じたら、健康にも響くからである。
お金はあったほうがいいが、お金の欲で心が貧しくなるなら、普通の生活が出来て、日々幸せなら充分なのかなと思う。
過払い金請求 デメリット

大手のすき屋で問題が勃発しています。

牛丼業界の大手「すき屋」の、異常とも言える勤務状態が明らかになってきましたね。
その異常さで、仕事をしてりる会社の社員やアルバイトが仕事を辞めて行くという事態が発生されています。
食べる法は簡単に作れるモノを用意してくれる牛丼で、早い安い美味いの3拍子を求めているのに対して、やはり品数を増やしてファミレスに対抗しようとする牛丼業界のやり方は、間違っていたということでしょう。
社員でさえも新しい商品の対応に追われるような感じだったと言うのですから、アルバイトでは覚えることが出来ない程の仕事量だったのではないでしょうか。
すき屋でも吉野家でも、店の中に在中している人はあまりにも少ないような感じがします。
原価が安くしないと、儲けが出ないと言うこともわかりますが、深夜の時間に一人で仕事をすることがどれほどつらいことかを分かっていないようにも思います。
もし深夜にもサービスをしたい、24時間を売りにしたいとするならば、深夜営業は赤字覚悟でないと成り立たないと思います。
仕事内容の確認と仕事の簡略化を目指して、もっと考えて欲しいと思いますね。

私の知っていた市民プールのイメージとは違い…。

昨日、小学生の娘と2人で自宅から車で15分くらいの場所にある市民プールへ行ってきました。
この市民プールは入場料金が2時間で子ども(小学生以下)だと50円というかなりリーズナブルな価格なのです。
ただ大人は高校生以上の大人に関しては300円ですので、大人に関しては普通な感じの値段だと思います。
ですがここのプール、市民プールにしては想像以上に色んな種類のプールがありまして、競泳はもちろん、幼児のための浅いプール、流れるプール、そしてウォータースライダーがあるのです。
私からしてみると「最近の市民プールは凄いな」という感想です。
何故ならば、私が知っている市民プールというのは屋内にありまして、競泳用の大きなプールが一つ、そこそこ浅めで自由に遊べるプールが一つ、そして最後に幼児用が入れる大人の膝にも満たいないとても浅いプールが一つ、という感じだったからです。
ですので、もしウォータースライダーや流れるプールに入りたいのであれば友達と電車に乗って少し遠い遊園地のプールへ行った記憶があります。
なので最近の市民プールへの充実感を感じているわけです。
何せよ、昨日はとても天気が良くて娘と楽しくすべてのプールで遊べましたので、良いコミュニケーションにもなりましたし、この夏時間を見つけてまた行きたいと思います。

Newer posts