最近は、病院に行かずに処方薬を注文できる医薬品の個人輸入が増えています。
病院に行く手間もなく、保険適用外の薬でも海外から直接輸入することで
中間コストがかからずに安く購入できるのが大きなメリットです。

しかし、安く医薬品が購入できるので、個人輸入した薬を転売する人も多いです。
例えば、最近話題になったのは個人輸入した薬のメルカリでの転売ですね。

もちろんメルカリでは医薬品の販売は禁止されていますが、ツイッターなどで
購入者を募集して、メルカリで医薬品以外の形で購入してもらう方法です。
つまり、医薬品としては出品せずにメルカリの決済システムだけ利用するわけです。

実際に逮捕者も出た方法ですが、今でも横行していると言っていいでしょう。
そもそも個人輸入した薬はお金を取らずに他人に譲渡するのも禁止です。
これは厚生労働省の個人輸入のルールにもしっかりと書かれています。

個人輸入をしてもいい医薬品は、自分で使用する場合のみで分量も1ヶ月~2ヶ月程度の
量しか個人輸入してはいけないことになっていて大量に個人輸入すると税関で
没収されてしまう危険性もあるので注意が必要です。

また、ED治療薬とピルなど男女別の医薬品を注文するのも譲渡が疑われるので
税関で見つかった場合は没収される可能性が高いです。

このように個人輸入は違法ではありませんがルールを守らないと結局は自分が損をしてしまいます。
ただ個人輸入自体は安く薬が買えるのでおすすめです。
最近人気なのはベストケンコーの姉妹サイトであるユニドラ公式サイトです。